中国語会話のセンセー紹介

体験レッスンの流れ

ここでは、中国語センセー紹介のサービスを利用して、実際にレッスンを受けるまでの流れを具体的に説明します。

今回モニターになっていただいたのは…
旅行で台湾に行ったとき、屋台で注文を中国語でするのが目標!という、広告代理店に勤めるSさん。
中国語の先生は、大学は日本で卒業していて、滞在暦は6年という日本語ペラペラの、中国語センセー登録しているRika(リカ)先生です。

無料体験レッスン


中国語先生との待ち合わせ場所は、渋谷のマークシティにあるスターバックスにしました。
先に到着したのはSさん。
どんな中国語先生が来るのかなー?
コーヒーを飲みながらドキドキワクワクして待っています。

中国語先生が到着


いきなりレッスンを開始するのではなく、まずは自己紹介から。
お互いちょっとした世間話をして、和気あいあいとした雰囲気に。
Sさんは日本語が上手で気さくな中国語先生に安心しました。
わー、思ったよりも日本語が上手な先生!
中国語先生もSさんが緊張しないように気を遣いながら、Sさんの中国語への興味や意識を会話の中からヒアリングしていました。

レッスン内容


(先生)中国語に興味があるんですか?目標はどのくらいまで話せたらいいとか考えていますか?
(生徒)はい、旅行で台湾に行くのが好きで、屋台とかの注文を中国語で話せたらいいなーと思っています。
(先生)これまで中国語を勉強したことはありますか?
(生徒)いいえ、全くないんです。ニイハオとか。シエシエとか。そのくらいです。
(先生)どのくらいの期間をかけて練習していきたいですか?
(生徒)え、すみません。ちょっと考えていなかったんですけど、普通はどのくらいなんでしょうか?
(先生)週2回くらい時間を取れると本当は一番いいのですが、週1回でもいいと思いますよ。
それ以上期間が空いてしまうと勉強した事を忘れやすいので。
大体1回のレッスン時間は週1回の場合なら2時間くらいがいいかもしれません。
週2回の場合なら1時間半とか。
(生徒)へー、そうなんですね。分かりました。私は土日しか時間が取れないので、土日のどちらか午前中に2時間のレッスンだと都合がいいです。
(先生)私も土日なら大丈夫ですから、週一回で2時間にしましょうか。
次回のレッスンでも今回の内容を反復しますから、大丈夫ですよ。
Sさんははじめての中国語なので、最初は発音と文法から丁寧にやっていきましょうね。
ゼロからスタート中国語ーだれにでもわかる文法と発音の基本ルール (文法編)
(先生)テキストはこの本「ゼロからスタート中国語ーだれにでもわかる文法と発音の基本ルール (文法編)」がいいと思いますよ。
すごく分かりやすいし、簡単ですからいつもこれをお勧めしています。
(生徒)ちょっと見てもいいですか。へー、これなら私にもできそう!
(先生)そうですね。でも簡単そうに見えますけど、最後のほうは結構難しい会話も出てくるんですよ。
週1回~2回のペースだと、3ヶ月くらいでこの本1冊終わりますよ。
(生徒)えー、すごいっ。こんな難しい中国語会話までできちゃうんですか!?
(先生)はい。私がこれまで教えた生徒さんはみんな結構話せるんですよ。
少し前にも、「来月20日から上海なので、それまでになんとかしてください!」っていうサラリーマンの方がいらっしゃって、10回だけレッスンしたんですけど、挨拶はもちろん、自己紹介やファーストフードでの注文などできるようになっていましたし。
(生徒)本当ですか!?何だか私にも自信が生まれました!私も会話中心で勉強したいです。
(先生)ですよね。旅行で使えるような中国語会話もやっていきましょうね。もう少しレッスンについて説明しますね。

中国語会話のセンセー紹介では、今回ご紹介したRika(リカ)先生の他、素敵な先生をご紹介できます。
まずは先生検索で、お好みの先生を探してください。

先生紹介依頼




メニュー

【1】先生検索
【2】先生紹介依頼
【3】ご利用の流れ
【4】初回レッスン
【5】サービス価格
【6】ご利用規約
【7】よくある質問
【8】お問い合わせ
【9】特定商取引法の表記
【0】サイトTOP
【-】(パソコン向けサイトTOP)
(c)株式会社ドントコイ